髄膜腫や大腸がん、脊柱管狭窄症の治療法|リハビリで症状大改善!

医者と看護師

負担のないプログラム

日本国内で未だに死因の上位にランクされる病として、がんが挙げられます。悪性新生物とも呼ばれるがんは、遺伝子の欠損や細胞分裂によるエラーによって発生します。腫瘍として大きくなったがんは、周辺の臓器や神経を圧迫することで、強烈な痛みや臓器などの機能不全をもたらすので、重症化すると寝たきりとなってしまう恐ろしい病です。一般的には切開によっての摘出手術でこうしたがんは治療されますが、体力的な問題や重要な血管、神経と癒着しており切除が困難な場合は、ガンマナイフを使用した治療が行われます。放射線をピンポイントで放射することで、他の臓器などに影響を与えずに治療が行えるのです。食の欧米化により、国内でも死亡者数が増えつつある大腸がんは、腸内環境を改善させることで予防を行なうことができます。腸内環境の悪化は腸炎を併発させ、やがて腸炎は大腸がんへと移行するきっかけとなるのです。サプリメントなどで腸を整えることで、こうした大腸がんを防ぐことができるでしょう。がんの他にも、近年問題視されている病が脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症を治療した後は、すぐに日常生活に戻れるわけではありません。ストレッチや筋力トレーニング、バランストレーニングによるリハビリを行なうことで、後遺症の緩和と再発の防止ができるでしょう。

神経が圧迫されることで下半身の痺れなどが発生する脊柱管狭窄症は、手術が終了した後も日常生活に戻れるよう、理学療法士の指導のもとリハビリを行います。術後に患者さんの姿勢や筋力などの情報を調べ、理学療法士が適切なリハビリによるプログラムを作成するので、患者さんの負担も少なく治療を行なうことができるでしょう。脊柱管狭窄症のリハビリでは、およそ三ヶ月から半年の期間、基本的な筋力の向上や血流の促進などのリハビリを行います。長期間無理なく行なうことで、体の骨格バランスを正常に保つ筋力が備わるので、高い改善効果が得られるのです。理学療法士はリハビリによる方法を徹底して教えこむため、退院した後も自宅で無理なくリハビリを行なう事ができるでしょう。

Contents一覧

ピンポイントでの治療

ガンマナイフ治療は、髄膜腫などの腫瘍に高い治療効果をもたらす装置です。放射線をピンポイントで照射することができるので、他の臓器などの影響を抑え、目標である腫瘍へ治療を行なうことができるのです。

詳細確認

Topics

サプリで腸を整える

日本人の死因として上位ランクする病が、大腸がんです。この大腸がんの影響を防ぐためには腸内環境を整える必要があります。牛乳やヨーグルトなどのほか、ビフィズス菌を多く含むサプリメントの利用が効果的です。

Read More

筋力の向上で症状緩和

脊柱管狭窄症でのリハビリは、ストレッチと筋力トレーニング、バランストレーニングの三つの柱で行います。腰周辺の筋力を付けることで、後遺症の緩和と再発防止が行えるのです。リハビリ自体は負担がないので、誰でも行なえます。

Read More